共済保険の年金はどうか

全労済の「ねんきん共済」

ねんきん共済とは?

全労済には様々な共済保険があるが、個人年金保険もある。

 

全労済の個人年金保険は、「ねんきん共済」と言う名前でサービスが行われている。

 

ねんきん共済には、確定型年金と、終身型年金に分かれており、確定型年金の場合は、年金受取期間が

  • 5年モノ、
  • 10年モノ、
  • 15年モノ
という3つのプランが用意されている。

 

15年より上がないのは、終身型年金プランに、最低15年以上支給するという設定があるからだろう。

 

15年以上にわたって年金を受け取りたい場合は、終身年金プランを選択すればよい。

 

スポンサードリンク

ねんきん共済は、払込期間中の保証が選べる

ねんきん共済には、年金支払期間の他に、年金の掛け金の払い込み期間中の保証が選べるようになっている。

 

選択肢は2つで、

  • 基本型
  • 家重型
だ。

 

ねんきん共済基本型というのは、死亡一時金のみ保証のタイプ。

 

払込期間中に事故などがあり被保険者が亡くなった場合、死亡一時金が支払われて、そこで共済契約は終了する。

 

それまでに支払った掛け金に応じた一時金が、戻ってくるという事だ。

 

一方、ねんきん共済家重型というのは、払込期間中に被保険者が死亡したり重度障害者になったりした場合、「家族年金」や「重度障害年金」が10年以上、受け取れるタイプの契約だ。

 

これは遺族にとって、ありがたい年金だね。

 

家重型=家族年金・重度障害年金付帯型ということらしい。

 

ねんきん共済は、90万円まで

ねんきん共済の受取額は、1口12万円で90万円まで増やす事ができる。

 

税制等の法律で優遇されている共済保険なので、郵便局の年金保険同様、上限が決まっている。

 

まあしかし、年間90万円以上受け取るには、毎年100万ずつ払い込みが必要になる。

 

これって得なのか損なのか?もちろん、死亡時の保証や、重度障害になったときの保証を考えると多少なりとも入っておいた方が良いのかも知れない。

 

自分でお金を貯めて資産運用しても良いが、医療保険や死亡保険は付かない。

 

長生きする予定ならば、終身年金は確実に得になるかんじだ。

 

NEXT:JA共済年金ライフロード

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加