老後計画 リタイアプラン

三大疾病特約って?

三大疾病特約とは?

保険には、主契約と呼ばれる主な保障部分に、別の種類の保険をプラスする「特約」と言うのがある。

 

シニア保険・シルバー保険の場合は生命保険関連にこういう特約がよくある。

 

主契約なしの特約だけ、という契約はできないが、結構お得な感じがする場合も多い。

 

特約の種類は保険会社によっていろいろあるのだが、老年期に必要だと考える特約をあげてみる。

 

まず最初は「3大疾病特約」というやつだ。

 

日本人の死亡原因の上位は、ガン・脳卒中、心筋梗塞だ。

 

これを3大疾病と呼ぶが、特約に入っているとガン・脳卒中・急性心筋梗塞と診断されたら、保障が受けられる。

 

ガン診断給付金はたいていの場合、保険期間中に医師によりガンにかかったと診断されたときに支払われる。

 

診断給付金というのは、診断されたときに支払われる一時金だ。

 

ただし保障されるガンは限られているから、全てのガンに対応しているわけではない。

 

急性心筋梗塞診断給付金や脳卒中診断給付金も同様だ。

 


三大疾病以外の特約

三大疾病特約は、比較的メジャーな特約だが、そのほかにも特約がある。

 

生活習慣病入院給付金特約」これは、ガンや糖尿病、心疾患や高血圧性疾患、脳血管疾患、肝疾患・腎疾患などの生活習慣病について保障される特約。

 

高度先進医療給付特約高度先進医療とは、公的医療保険制度に基づく評価療養で、厚生労働大臣が定めた先進医療による療養のことを言った。

 

ただし現在では保険法が改定され、「先進医療」というモノに変わっている。

 

保健法が変わっているので、それ以前にこの特約をつけた場合、どう保障されるのかは保険会社に問い合わせておいた方が良い。

 

保障されないのに特約分の契約金を払うのはムダだし。

 

最後は「特定疾患給付特約」というやつだ。

 

特定疾患というのは、特定疾患治療研究事業の対象となる疾患で、国が医療費助成の対象としている疾患だ。

 

この辺の特約も、どんどん内容が変わっている可能性があるね。

 

保険会社に保障内容を問い合わしておいた方が良いだろう。

 

こんな感じで、保険も時代によってどんどん変わるというのを忘れないように。

 

NEXT:シニア保険の概要

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加