老後計画 リタイアプラン

海外旅行保険の死角

海外旅行保険は、値段で選ぶな!

今回は、海外旅行保険の話だ。

 

海外でのトラブルというのは、思ったより怖い。

 

と言うのも、海外というのは文化が全く違う。

 

言葉も現地人でないと、微妙なニュアンスはわからない。

 

だいたい腹が痛くなって病院に行ったとしても、痛みをどう表現するかなんて、なかなか難しい話だ。

 

こう言うときには、日本語で相談できるサービスがないと、年寄りには心許ない。

 

だから日本語で対応してくれる旅行保険のサービスは、いざというときに頼りになる保険だ。

 

できれば一日中日本語で対応してくれる保険を選び、世界のどこからもサービスに連絡が付くのがいい。

 

サポートデスクの事務所やサポート体制が整っている事が海外旅行保険の大事な部分であり、場合によっては、担当者に直接会って相談できるといい。

 

海外旅行保険は、価格で選ぶより、サービスで選ぶものだ。

 


老後の海外旅行は、保険会社を使う可能性が高い

老後海外旅行となると、長期旅行になる事も多い。

 

現役時代は仕事の関係で、一週間休むのも大変で、しかも休めるのはゴールデン・ウイークとか、お盆休みとか、暮れくらいしかなかった。

 

しかしリタイアしてしまうと、旅行など何週間でも行ってられる。

 

そうなると逆に、海外でトラブルに遭うリスクも高くなる

 

年寄りはひったくりに狙われやすいし、お金持ちだと思われて誘拐に遭う事もあるだろう。

 

体調の急変もあるだろうし、持病が環境の変化で悪化することもある。

 

なので年を取ってからの海外旅行は、旅行保険会社のお世話になる頻度が多くなる。

 

だから病気に応じた病院を紹介してくれたり、事故などの際に呼ぶ弁護士の手配、そういうサービスが充実している保険でないと、加入する価値はないといえる。

 

なお、旅行先で保険会社のサポートを受ける場合には、契約番号や補償内容の確認が必要となるので、保険証券(とコピー類)は必ず持参しよう。

 

最近は、インターネット経由でも旅行保険に入れるが、その場合は契約番号などが表示された画面や、連絡先などを何枚か印刷しておこう。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加