再雇用か再就職か?

定年後は再雇用か再就職か?

再雇用か再就職か?

一つの会社で定年まで働き続ける事ができるかというと、最近は、非常に怪しくなった。

 

しかしまあそういうラッキーな環境にいたとしても、 定年後にそのまま再雇用してもらって働き続けるか、他に再就職するかという選択肢は考えどころだろう。

 

社員を雇う企業や会社としては、若い人を新しく雇って一から教育するより、ベテランを再雇用して、今まで同様の仕事や売り上げをあげてもらう方が安く付く事は確かだ。

 

だから給料が半分になっても、それで生活ができるのであれば、気心の知れた仲間と、楽しく仕事を続けるというのも悪くない。

 

中小企業などは、そうやって働けなくなるまで仕事を続ける人も多いだろう。

 

ただし企業の再雇用制度を使って仕事を続ける場合、65才までなどと言った年齢制限が付く事も多い。

 

、65才以降も働こうという事であれば、再雇用ではなくて、ずっと仕事が続けられる職を探した方がいい。

 


老後はパートタイムで働くべき?

定年後に再雇用や再就職する場合、勤務形態も考えどころだ。

 

つまりフルタイムにするか、パートタイムにするかということだ。

 

フルタイムで働くと、生活は今までどおりということになる。

 

この場合、趣味や旅行などに割く時間は増えないね。

 

一方、定年を機に仕事を減らして、趣味や別の事に充てたい場合は、パートタイムや、勤務日数を減らすという選択肢もある。

 

人生において、定年は大きな転機だから、残りの人生をどう過ごすか、それをまず決めてから身の振り方を考えないといけない。

 

もちろん収入が心許なければ、働くしかないんだけれど、どうやって収入を得るかは、体調にもよるし、頭のさえ具合にもよる。

 

脳梗塞などを患って、頭が十分に働かなくなるような事もあるし、足腰が弱って車椅子生活になるような事もあるので、基本的に、寝ていても幾ばくかの生活費が入ってくるようなそういう準備をしておく事が必要だろう。

 

NEXT:老後に役立つ資格

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加