老後計画 リタイアプラン

シニア保険のいろいろ

年寄りのための保険

シニア保険シルバー保険は、年寄りのための保険だ。

 

だから普通一般の保険とは保障内容が色々違う。

 

2030年に高齢化のピークを迎える日本に備えて、保険会社もシルバー世代向けに、様々なプランを用意しているってことのようだ。

 

たとえば、アリコジャパンには、従来加入が認められなかった糖尿病とか慢性腎炎とか狭心症の既往歴があっても、加入できるタイプの保険もある。

 

大きな慢性病を持っていると、従来の保険では加入できない事も多いが、そう言うニーズを捉えてサービスを提供している。

 

富士火災の「シニアの救急箱」ではケガで医師による治療を5日以上受けた場合、治療開始後すぐに保険金を受け取れる。

 

治療終了まで給付を待つ必要がない。

 

日常生活に支障が大きい下肢や骨盤のけがには、一時金も支給される。

 

介護が必要なときにも一時金が支払われ、特約を付ければ地震等の天災によるケガも保障してもらえるという。

 


シニア保険のいろいろ

他にも有名どころでは、アメリカンホームダイレクト保険の「大人の医療保険」というのには、医療保障以外にも、他人の物を壊したり、他人をけがさせた場合の損害賠償も補償する。

 

5年ごとの契約を更新時にも、契約期間中に保険金の支払いがなかったら、お祝い金をくれたりもする。

 

第一生命の売り出している保険では、障害が残って収入が減ったとき、年金を受け取れる「インカムサポート」という特約もある。

 

保険料の払いが難しくなったときにも、場合によっては払い込みが免除される特約もあったりする。

 

無意味な特約をたくさんつけるのは意味がないが、老後というのは不安だらけだから、優先順位をハッキリさせて、賢く保険に加入すべきだろう。

 

シニア保険の死亡保障は?

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加