老後計画 リタイアプラン

ガン保険の必要性

ガン保険の必要性とは?

日本人の死因のトップスリーはガン・脳卒中急性心筋梗塞だという。

 

だから変な話、ガンにかかる確率は非常に高い。

 

そして脳卒中や心筋梗塞の場合、そのまま死んでしまうか、あるいは大きな後遺症が出てリハビリ生活になるが、新たに手術などをするケースは少ない。

 

一方、ガンの場合は、再発の危険性が高く、何度も手術しなければならない事も多い。

 

となると重要なのは、治療費だ。

 

ガンの治療費は高額で、健康保険適用外の治療も多い。

 

だから家族や親の家系にガンが多い場合は、ガン保険は入っておいた方が良い。

 

民間の医療保険と合わせて特約をつけたり、別のガン保険に加入しておく必要がある。

 

ただしガン保険は、保障の対象を「がん」だけに限定しているので、思ったほど保険料は高くない。

 

一般の医療保険よりも安い場合が多いし、掛け金負担の小さい保険だ。

 

スポンサードリンク

ガンは手術や入院が必須の病気

ガンに保険が必要な理由は、ガン治療に手術や入院を必要とするからだ。

 

だからたいていのガン保険では、入院時や手術時に給付金や保険金を受け取ることができ、入院給付金の額も1日1万円以上も支給されたりする。

 

入院給付金は支払い日数無制限、再入院時もOK。

 

最初にがんと診断されたら、いきなり百万円とか、まとまった給付金が出る。

 

ガン診断の早期にお金が入るので、治療プランもいろんな治療から選択できる。

 

健康保険の適応外の治療を受ける余裕もできるし、治療方針や医療機関も選べる。

 

自分の命がかかっているわけだから、そのための費用が先に手当てされるというのはありがたい。

 

また女の人向けのガン保険もあって、こちらは年齢とは関係なく加入できる。

 

乳ガンや子宮ガンなど女の人特有のガンを対象にした保険で、やはりこれらのガンと診断された時に、一括でまとまった給付金を受け取る事ができる。

 

これらのガンの治療のための手術手当や、入院の費用の負担もある。

 

NEXT:ガン保険で保険金が支払われない場合

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加