老後計画 リタイアプラン

シニア損害保険のいろいろ

AIU保険の損害保険

さて年寄り向け損害保険には、どんなモノがあるのか。

 

たとえば、AIU保険の「普通損害保険」では健康診断の必要がなく、簡単な告知のみで加入できる。

 

万一のケガに対する補償だけでなく、オプションで賠償事故に対する補償も付加できる。

 

これは1年契約で、状況に応じて毎年手軽に見直しができる。

 

契約の内容としては、

  • 死亡保険1,000万円、
  • 後遺障害保険30万円〜1,000万円、
  • 入院保険金 日額6,000円。

     

  • 手術保険 6万円・12万円・24万円。

     

  • 通院保険 日額4,000円
というプランで保険料は月額3千円前後と手頃だ。

 

オプションで、月100円弱ほど追加すれば、5千万円を限度とする個人賠償責任補償もつけられる。

 

スポンサードリンク

ころばぬ先の傷害保険

アリコジャパンでは、年寄り向け損害保険として「ころばぬさきの傷害保険」というのを提供している。

 

これは満55歳〜85歳しか加入できない、シニア傷害保険だ。

 

告知書の提出は不要で、申込書への記入・押印だけで申し込みできるが他のアリコの保険と重複する場合は、加入できないケースもある。

 

保険料は、月々2,000円、月々3,000円、月々4,000円の3つのコースがある。

 

保険内容は、ケガでの入院の場合、1泊2日から1入院60日の通算最高120日まで保障がある。

 

災害入院給付金も、通算最高120日まで支給される。

 

年寄りに多い骨折や関節脱臼、腱の断裂や火傷での治療も、治療一時金を受け取ることができる。

 

ただ、骨粗しょう症などの病的骨折はダメ。

 

またこの保険は掛け捨てタイプで、解約返戻金はない。

 

年齢不問の損害保険もある

アメリカンホームダイレクトの「ファミリー保障プラン」は交通事故傷害保険だけれど、年寄りでも加入できる。

 

保険料は月々3千円弱で、本人だけでなく同居の家族全員をも保障する。

 

  • 入院保険金日額5,000円、
  • 通院保険金日額2,500円、
  • 手術保険金5・10・20万円、
  • 死亡・後遺障害保険金額は最高1,000万円まで
  • 賠償責任てん補限度額3,000万円
また1年ごとに保険料4か月分の満期払いもどし金も受け取れる場合がある。

 

どちらかというと、共済保険タイプの保険やね。

 

あいおい損保の「ご家族全員あんしん保険」は、本人と配偶者または同居の親族、別居している未婚の子供も補償の対象になるという損害保険だ。

 

交通事故のケガ入院や通院は、1日目から保障。

 

30日以内の旅行中の事故、カメラやメガネまたはゴルフクラブなどの高価な品も補償。

 

海外旅行も全ての補償が受けられ、賠償責任は3,000万円から1億円までと、高額。

 

家族何人でも補償される割には掛け金が安い。

 

大家族向きかも知れないね。

 

NEXT:旅に出るなら旅行保険

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加