老後計画 リタイアプラン

旅に出るなら旅行保険

旅先のトラブルに、旅行保険!

旅行好きには、旅行保険は必須だ。

 

老後の楽しみは夫婦旅行、でも年を取ると事故に遭いやすい。

 

だからそう言う人は、もしものために旅行保険は必要だ。

 

国内旅行中の事故によるケガ、たとえばドライブ中の事故やスキーでの骨折、それから誤って旅館の階段から落ちたり、様々な事故にあう可能性がある。

 

がある。

 

また旅行中に他人にケガをさせてしまったり、他人のものを壊したりして損害を与えたり、法律上の損害賠償責任を負う様な場合にも、旅行保険では保険金が支給される。

 

博物館などの展示品を壊してしまったり、カメラを落として破損したなど、現金や乗り物の乗車券、衣類などの携行品などの損害にも、旅行保険では保険金が支払われる。

 

ただし、旅行に必ずしも必要のないモノはダメ。

 


旅行保険には、国内向けと海外旅行向けがある

旅行保険には、国内旅行向けの保険と、海外旅行向けの保険とがある。

 

国内旅行と海外旅行に分けているのは、事故の種類が異なったり、サービスを提供する事情だろう。

 

たとえば海外では、日本の一般常識は通用しない。

 

救急車は有料だし、病院での治療も健康保険がきかない。

 

また、とんでもない金額の損害賠償金を請求されたりすることもあるから、全然違うと言ってもいいくらいだ。

 

なので海外旅行の場合は、ぜひ加入しておきたい。

 

海外旅行保険の保障も実はいろいろで、交通事故、ケガの治療費、旅先での病気治療。

 

誤って他人にケガをさせたり、物損事故の賠償、航空機寄託手荷物遅延費用や航空機遅延費用なども保障がある。

 

飛行機の遅れで荷物が届かなかった場合、身の回り品を買わないといけなかったりするが、その購入費用の補償だとか、飛行機が遅れたり欠航したりしたが、代替機がない場合の宿泊費や飲食費を補償などもある。

 

旅行中の留守宅の損害にも補償がある。

 

留守宅家財盗難や、急きょ帰国が必要な場合の費用など。

 

最近は、クレジットカードにも、海外旅行保険があらかじめ付いていることもあるが、補償項目や補償額が十分とはいえないので、海外旅行のさいには、必ず旅行保険には加入が必要だ。

 

NEXT:海外旅行保険の死角

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加