老後計画 リタイアプラン

シニア保険とは?

シニア保険とは?

最近テレビでよくCMが流れているものにシニア保険・シルバー保険がある。

 

シニア保険・シルバー保険というのは、簡単に言うと、老年向けの保険という事だ。

 

シルバー保険などとも言われる。

 

だいたいが50才から80才まで加入するタイプで、葬式費用を出してくれるような保険もあるようだ。

 

老後の生活を考えると、こういう類の保険も利用する事が必要だろう。

 

もちろん生命保険共済にも、老後に対応したプランがある。

 

ただしシニア保険・シルバー保険も、ピンからキリまである。

 

共済などでは最低限の保証になっているし、逆に高度治療を前提にするプランもある。

 

シニア保険・シルバー保険選びのポイントとしては、老後にどういう状態になっているか、今どうなっているかをライフプラン。

 


老後はどうなるかわからないから、保険は必須

老後がどうなるかは、人それぞれだ。

 

だからそれに必要な保障額もさまざまだ。

 

自分の老後設計を十二分に考えて、必要な保険がどういうものか、考える事が必要だ。

 

保険会社の保険商品は、保険会社の考える内容だ。

 

シニア保険・シルバー保険が、保険会社が利益を確保しやすい、儲けやすい様なプランになっているのは当然だろう。

 

保険会社だって会社を運営していかなければならないから、そのための費用は確保しないといけない。

 

だから掛け金が格安で、保証は無限大なんていう保険はない

 

そんな仕組みだと保険会社自体が潰れてしまう。

 

この辺は大人の判断として必要だろう。

 

しかしその一方で、保険会社のプランは老後のニーズが高い内容になっているとも考えられる。

 

格安掛け金で無限大の保証は無理だけれど、多くの人の老後の保険ニーズには対応できるようプランをしている(だろう)とも考えられる。

 

だからシニア保険・シルバー保険を検討するなら、昔からある保険会社の新製品や定評のある保険を検討するべきだろうという事になるね。

 

NEXT:三大疾病特約って?

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加