老後の仕事 再就職記事一覧

年寄りが仕事に就く場合、たいていネックになるのは年齢条件だ。年を食っていると、融通が利かなかったり、新しく覚えるべきことがなかなか覚えられなかったり、以前の仕事の流儀を新しい仕事でも無理矢理通そうとしたり、そう言うおそれもあるから、どうしても不利だ。それから体力が必要な仕事や、スピードが必要な仕事などでは、どうしても年寄りは採用されにくいだろう。しかし年寄りでも、資格や技術などのスキルがあれば採用...

若い間は、目の前の仕事や子育てに忙しく、老後・定年後にどうするかなんて、ほとんど考えたりしないものだ。しかし40代後半ともなると、老後をどうやって過ごすかに、嫌でも直面する事になる。そろそろ考えないと、ダメだと分かってくる。最初の悩みは、老後の生活費をどうするか。年金だけで暮らせるような人は、そうそういないから、何らかの準備を今からしていないと、手遅れになりかねない。少ない生活費だけを頼りに、家の...

老後・定年後の商売は、できるだけ長く続けられる商売を選ばないといけない。そして、体調が悪くなったときに、誰か家族に手伝ってもらえるような仕事の方が良い。たとえ今は健康で元気でも、10年後20年後にはどうなっているかわからないからだ。そのためにはあらかじめ、10年後や20年後でも身体が動かなくなるまで続けられる商売を見つけることが肝要だろう。そんな商売、滅多にないように思うが、意識的に注意して、常に...

高齢者が仕事を探すには、民間の求人会社で探すより、公的サービスを利用する方が早道かも知れない。公的なサービスとしては、ハローワークが思い浮かぶが、厚生労働省の「人材銀行」や「シルバー人材センター」の方が年寄り向きだ。「人材銀行」というのは、厚生労働省のホームページによると、全国の主要都市の庁舎施設などに設置され、概ね40歳以上の管理的職業、専門的・技術的職業に従事してきた方を対象として、関係業界団...

高齢者、年寄り向けの仕事探しの公的サービスとしては、厚生労働省の人材銀行の他に、シルバー人材センターというのもある。シルバー人材センターとは、定年退職した高齢者に、生活スタイルに合わせた、臨時的や短期的、また特別な技能や知識を必要とする仕事を紹介する組織だ。年齢的には現時点(2009.9)では、60代以降の年寄りが会員登録出来る。人材銀行は40才以降だったから、もっと上の年齢層だ。「高年齢者等の雇...

高齢者、年寄りの雇用を確保するための法律としては、「高年齢者雇用安定法」という法律がある。65歳以上の人口が21%を越える超高齢化社会の日本では、高齢化対策として、年金の支給が開始される年齢までは仕事が続けられる事ができるように、様々な措置をとっている。たとえば定年の引き上げや継続雇用制度の導入、高齢者の再就職の援助など。高齢者の再就職の促進高齢者のさまざまな働き方に対応した就業機会の確保高齢者の...

一つの会社で定年まで働き続ける事ができるかというと、最近は、非常に怪しくなった。しかしまあそういうラッキーな環境にいたとしても、 定年後にそのまま再雇用してもらって働き続けるか、他に再就職するかという選択肢は考えどころだろう。社員を雇う企業や会社としては、若い人を新しく雇って一から教育するより、ベテランを再雇用して、今まで同様の仕事や売り上げをあげてもらう方が安く付く事は確かだ。だから給料が半分に...

老後の仕事をどうやって見つけるか。再就職先をどうやって見つけるか。これはなかなか難しいことである。世の中は、若者の就職率が低いとか、収入が低いと言って騒いでいるが、身体が元気な若者は、体力のいるアルバイトでも食いつなぐこともできる。新しい知識もドンドン取り入れるし、親を頼ることもできる人が多いだろう。しかし年寄りというのは、そんな体力もないし、何より親に頼ると言うこともできない。だから死ぬまで働い...

定年後に再就職をしたいなら、簿記2級などの会計関係の資格を持っていると有利だ。他にも、不動産を扱う仕事では、宅建(たっけん)主任者資格というのが必須になる。宅建資格は人気資格で、生涯学習のユーキャンの資格講座でも、いつも上位に入っている資格だ。そのほかには、介護関係の資格があるが、介護の仕事というのは根気と体力のいる仕事なので、介護プランなどを立てることのできるケアマネージャーや介護福祉士のような...

老後の仕事の話の続きだ。年を取ったら何かお店をやりたいと思っている人もいるだろう。私も何か自分で経営してみたいなと思う。というのも年を取ると、できる仕事も限られてくるし、自分のせいでなく仕事が無くなる事もあるだろうから。それなら自分で何とか出来るようなスキルと経験を身につけたい。年を取ってまで、他人にあれこれ指図はされたくないしね。なので定年後は、居酒屋や飲食店などをやりたいと、考える人もたくさん...

老後の仕事。若い頃は、額に汗して働く事が大事だと教えられたように思う。だから不労所得(資産所得)など、とんでもない話だと思っていた。昔、韓国などでは科挙に通って土地持ちになって、遊んで暮らすのが理想の人生だという考えだというのを読んで、憤慨した記憶もある。しかしいざ実際に年を取って体の自由がきかなくなってくると、不労所得というのがいかに有り難いかという事がわかってくる。「額に汗して働く」というのは...

老後の収入の柱として、不動産を活用するというのはよくある話。だけど最近は、アパート経営やマンション経営も、左前になってきた。すでにある多少老朽化したアパートを買い取って、リフォームした上で貸し出すという場合なら、採算に合うそうだけれど、借金して新たに建物から建てて始めるのは、まずダメだろうという事だ。マンション経営なども、しっかりしたマンションならいいけれど、手抜き工事やメンテナンスにお金がかかる...

年寄り、年配者がやっている仕事として、子供や大人にモノを教える仕事がある。たとえば「書道」の先生や「そろばん塾」の先生、詩吟や三味線の先生。こういった先生は、どちらかというとおじいさんやおばあさんがやっている仕事というイメージがある。だから、こういう方面の心得がある場合は、それを老後の仕事として検討しても良いかも知れない。こういう商売の利点は、初期投資が小さくて済むことだ。自宅に教室に使える部屋が...

クリーニング店のフランチャイズ・代理店経営は、年を取ってもできる商売だ。老後の仕事として、何かの商売を始めたい。しかし何の取り柄もないし、何の技術もない。そう言う場合にできる仕事として注目されているのが、実はクリーニング店のフランチャイズ経営だ。クリーニング業というのは、技術と資格がなければ店を開くことができない仕事だ。だから、今から資格を取ってクリーニング店なんか、、、と思うが、不足していて将来...

老後・定年後の商売として、クリーニング店を開きたい。クリーニング業を始めるのは大変だから、フランチャイズの取次店で行くことにしよう。幸い高齢化社会では、クリーニングは必要なサービスだ。たとえば家で洗濯したいが、体が不自由で洗濯ができない場合、クリーニングがあると助かる。シングルマザーや子供のいる共働き家庭では、洗濯物は多いが、洗濯している時間がないから、できればクリーニングに出したい。そう言う風に...

トップへ戻る